切手のmind

郵便料金の決まり方とは?

郵便料金のメインビジュアル

郵便物(封筒)の料金は主に重さと大きさで決められます。

まず、通常の細身のよくある封筒くらいまでのサイズで厚さが3cm以内かつ50g以内の物を定形郵便と呼び総重量が25gを基準に82円、92円の料金に分けられます。

次にそれ以外(A4の封筒等や小さくても50gを超える重さ)の物を定形外郵便と呼びます。こちらは総重量により120円から570円まで分けられ最大重量が1kgまでとなっています。

そしてその規格に収まらない大きさ(長辺34cm、短辺25cm、厚さ3cm、重さ1kgいずれかを超える)を規格外郵便と呼び、重さによって200円から1,330円まで分けられます。

因みに定形外で250g超の場合、レターパックライトを使用すると360円に抑えることが出来ます。

以上が基本料金となり、それに加えて書留や速達等のオプションサービスを加える場合はその金額を足して郵便料金となります。


切手の額面の中には82円や205円等金額としては中途半端なものがあります。これは定形郵便の金額や定形外で100g超150g以内の金額を1枚で支払えるように作られています。これがないと切手の枚数が増えて郵便物が不細工になってしまいますからね。


余談ですが切手には160円の額面がありません。しかし特定記録というオプションを付けると+160円となるのであってもいいと思うのですが、頻繁に郵便局へ行っている際に仲良くなった郵便局の方に160円作らないんですか?と聞いたところ「本当だね。でも予定はないねぇ。」と返ってきました。。作って欲しい。。。


更に大きい封筒に入らないものとなると他の宅配サービスを使うか、郵便ではゆうパックを使用することになります。ゆうパックは大きさ、送り先によって金額が変わってきます。勿論遠ければ高くなってしまいます。


色々と複雑な郵便料金ですが分からなければ郵便局の窓口へ持って行けば計算して教えてくれます。切手代が不足していると受取相手が不足分を支払わなければならないこともありますので不安であれば郵便局で出しましょう。"

>>>プレミア切手って何?へ