切手のmind

プレミア切手の定義って?

プレミア切手のメインビジュアル

皆さんがいつも目にしている切手は普通切手と呼ばれ、時折デザインの変更はあるものの、いつでもどこでも手に入り、はがきや封筒に貼って郵便物を送るために使われ、希少価値も皆無です。

しかし、世の中には切手コレクターと呼ばれる方たちがいるほど色々な切手があり、中には額面以上の価値があるものもあり、これを「プレミア切手」と呼びます。勿論これらの切手も基本的にはその額面通りで実際に郵便物を送ることに使えます。でも自宅に眠っている古い切手等、使う前に一回価値があるものなのか確認してみたほうがいいかもしれません。中には意外なお宝が眠っているかも知れません。


じゃあプレミア切手ってどんなものが該当するのか、プレミア切手も色々ありますので一つ一つ書くことは出来ませんが、どんなものが該当するのか見ていきましょう。皆さんが日ごろ使っている普通切手の中でも、発行年が100年前等古いものは価値があるものがあります。

たまに花や鳥、魚などシリーズもので発行される特殊切手と呼ばれるジャンルの中でも比較的古いものでは非常に価値があるものが多くあります。オリンピックや国の行事の際に発行される記念切手と呼ばれるものの中では比較的発行枚数が少ないもの。(ただしオリンピック系は発行枚数が多いので額面を超える価値になるものは少ないです)

年賀状の時のささやかな楽しみにしている方も多い年賀状のお年玉。その景品で比較的よく当たる切手シートの中でもプレミア切手になるものはあります。

勿体無いから使えずに綺麗なシートのまま置いてたりするのもあるんじゃないでしょうか?他にも中国の切手や沖縄が米軍に統治されていたころの切手等いろんな種類のプレミア切手があります。皆さんも一度タンスの中などで眠っているもらい物や親などが集めていた切手を見てみてはいかがでしょうか?以外なお宝が見つかるかも…。

>>>切手買取についてへ